タイトル画像:国民健康保険の免除

国民健康保険料の比較

 国民健康保険税は、自治体ごとに異なり、同一都道府県内の自治体でもかなり異なりますので、大阪府や群馬県などで比較しました。

大阪府内の比較

 大阪府では府内の各市町村の保険料一覧表を公表しており、この数値を用いて、モデル世帯の例で金額を計算したところ、下表のようになりました。

 この例では、同じ大阪府内でも、最も高い守口市は、最も安い豊能町の約2倍もありました。所得割の率が、守口市は12.9%ですが、豊能町は5.2%なので、所得率による差が大きいことが要因です。隣の自治体との格差も目立ち、例えば、守口市は49.4万円ですが、隣の摂津市では34.4万円で、15万円もの差がありました。

モデル世帯
 夫婦と子供2人の4人世帯で、夫の給与所得250万円、固定資産税額5万円。給与所得250万円は、給与収入380万円(給与所得控除130万円)です。

大阪府内の自治体 国保料金(H18.10.1現在)
モデル世帯の例で計算したもの
保険者名 所得割 資産割 均等割 平等割 合計
大阪市 273,420 0 97,852 42,708 413,980
堺市(旧堺市) 256,060 0 147,360 30,480 433,900
堺市(旧美原町) 195,300 0 128,000 29,000 352,300
岸和田市 234,360 15,750 128,000 35,000 413,110
豊中市 244,993 0 149,084 27,519 421,596
池田市 210,490 0 156,416 17,345 384,251
吹田市 172,081 0 53,828 54,481 280,390
泉大津市 258,230 0 127,120 31,890 417,240
高槻市 159,712 0 35,408 66,722 261,842
貝塚市 277,760 25,500 129,520 33,530 390,000
守口市 279,930 0 214,080 0 494,010
枚方市 186,403 0 99,400 34,310 320,113
茨木市 189,007 0 137,760 26,640 353,407
八尾市 221,340 0 126,360 27,080 374,780
泉佐野市 203,980 18,000 133,920 33,240 389,140
富田林市 240,219 0 129,640 25,970 395,829
寝屋川市 269,080 0 154,800 30,360 454,240
河内長野市 195,300 0 122,400 24,600 342,300
松原市 236,530 0 137,760 29,640 403,930
大東市 230,020 0 129,600 24,960 384,580
和泉市 197,470 9,000 115,200 27,840 349,510
箕面市 162,750 0 225,600 0 388,350
柏原市 223,510 0 131,040 30,360 384,910
羽曳野市 225,897 0 131,520 27,240 384,657
門真市 271,250 0 140,000 30,000 441,250
摂津市 182,714 0 134,400 27,600 344,714
高石市 201,810 19,000 132,400 28,800 382,010
藤井寺市 206,150 0 127,200 27,600 360,950
東大阪市 251,720 0 131,520 27,000 410,240
四條畷市 238,700 0 140,920 28,560 408,180
交野市 217,000 0 138,000 29,800 384,800
島本町 162,533 0 101,760 28,680 292,973
豊能町 112,840 8,000 110,400 23,700 254,940
能勢町 199,640 21,500 128,000 29,000 378,140
忠岡町 250,635 0 127,200 26,000 403,835
熊取町 215,481 0 127,324 28,017 370,822
田尻町 217,000 10,250 119,200 25,300 371,750
阪南市 245,210 0 132,800 32,200 410,210
岬町 175,553 23,030 117,520 22,360 338,463
太子町 173,600 11,000 127,200 30,000 341,800
河南町 164,920 18,500 133,200 29,600 346,220
千早赤阪村 137,144 31,685 125,336 27,244 321,409
大阪狭山市 214,830 0 142,140 28,258 385,228
平均 375,263
(ただし、泉南市は計算方法が違うので除いています)

大阪府と東京都で年収による比較

 大阪府内と東京都内で、所得比例方式を採用している市町村(注1)の中で、それぞれ保険料の高いところと低いところを比較してみます。

国民健康保険料率 平成20年度
所得割
(%)
資産割
(%)
均等割
(円)
平等割
(円)
大阪府守口市 医療分 9.88 - 40,800 -
支援金 2.66 - 10,800 -
大阪府豊能町 医療分 5.37 - 25,900 20,300
支援金 1.33 - 6,400 5,100
東京都調布市 医療分 4.65 - 22,800 -
支援金 1.35 - 7,200 -
東京都青ヶ島村 医療分 3.10 45 5,000 6,500
支援金 0.20 5 2,500 2,000

 算出条件は、単身世帯で給与収入のみ、資産のない40歳未満の人の場合で、収入を変えて計算した結果(下表)です。
 大阪府では、豊能町は、守口市の約半額ですね。なんといっても、影響の大きい所得割率が2倍近く違うので、所得が多くなるほど、国民健康保険料の差が大きくなります。
 大阪府は、全国的にみても高い地域で、大阪府の中で安い豊能町でも、東京都の高い調布市よりも、さらに高くなっています。

単身世帯の国保料の例
(平成20年度現在) 単位:万円
給与収入 給与所得 国民健康保険料
守口市 豊能町 調布市 青ヶ島村
150 85 11.7 9.3 6.1 3.3
200 122 16.3 11.7 8.3 4.5
250 157 20.7 14.1 10.4 5.7
300 192 25.1 16.4 12.5 6.8
500 346 44.4 26.7 21.8 11.9

 次に、4人世帯で資産のない40歳未満、夫のみ給与収入がある場合で計算した結果(下表)です。
4人世帯の国保料の例
(平成20年度現在) 単位:万円
給与収入 給与所得 国民健康保険料
守口市 豊能町 調布市 青ヶ島村
250 157 36.2 23.8 19.4 7.9
300 192 40.6 26.1 21.5 9.1
400 266 49.9 31.1 26.0 11.5
500 346 59.0 36.4 30.8 14.2
600 426 59.0 41.8 35.6 16.8

(注1)東京都の中で、所得比例方式を採用していないのは、区部(区民税方式)と武蔵野市(市民税所得割方式)のみです(平成21年現在)。
(参考)平成21年度 東京都市町村部 国民健康保険税(料)率等の状況

神戸市と東京都特別区の年収による比較

 次に住民税方式を採用している自治体で比較してみます。保険料が比較的高い兵庫県神戸市と比較的安い東京都区部。

国民健康保険料率 平成21年度
所得割 資産割
(%)
均等割
(円)
平等割
(円)
神戸市 医療分 1.60 - 25,590 29,160
支援金 0.33 - 5,680 6,480
東京都
区部
医療分 0.68 - 27,600 -
支援金 0.26 - 9,600 -

 算出条件は、単身世帯で給与収入のみで40歳未満の人の場合で、収入を変えて計算しました。なお、住民税は、社会保険料控除額(国民年金 年額約17万円、国民健康保険など)によって変わるので、神戸市と東京都区部では、年金に加えてそれぞれの国保料を試算によって求めています。また、住民税の控除は社会保険料控除のみ考慮しています。

 影響の大きい所得割率が2倍も違うので、神戸市は、東京都区部に比較すると高いですね。ちなみに、神戸市の周辺の市(西宮市、芦屋市、三木市)では、単身世帯だと年収300万円で、神戸市よりも10万円程度安くなるようです。

単身世帯の国保料の例
(平成21年度現在) 単位:万円
給与収入 給与所得 神戸市 東京都区部
社保控除
想定額
国保料 社保控除
想定額
国保料
150 85 29 11.4 24 6.5
200 122 35 17.4 27 9.7
250 157 40 23.2 30 12.7
300 192 46 28.8 33 15.7
500 346 71 53.7 46 29.0

(参考)
平成21年度 東京都特別区国民健康保険料一覧表
高知県 平成18年度 一覧
愛媛県一覧 平成19年

群馬県内の比較

 私は群馬県吉井町に住んでいるので、群馬県内の税率をまとめてみました。近隣の市町村とはそれほど税率は異ならないようです。

群馬県内の市町村の国民健康保険税率 医療分
市町村 所得割
(%)
資産割
(%)
均等割
(円)
平等割
(円)
賦課限度額
(千円)
吉井町 H17 7.7 30 25,000 23,000 530
富岡市 H18 6.0 25 13,500 15,300 530
藤岡市 H18 7.7 45 14,000 19,000 530
高崎市 H18 8.1 25 21,000 19,800 530
甘楽町 H18 6.0 27 19,500 22,800  
安中市 H19 8.2 33 22,000 22,000 560
前橋市 H18 7.9 9 25,200 20,400 530
伊勢崎市 H19 7.6 30 24,000 23,000 560
太田市 H19 8.3 35 26,000 27,000 560
中之条町 H18 5.1 34.5 20,200 22,900  
桐生市 H19 8.2 47 21,000 20,000 560
片品村 H18 5.6 46 20,400 30,000 530


国民健康保険の計算の詳しい方法はこちら